キャッシングのノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

キャッシングの審査は通りやすい、通りにくいがある!甘い審査基準の罠

 

目次

 

  • キャッシング審査のポイント
  •  1-1:限度額を把握しておこう
  •  1-2:会社によって、審査の通りやすい通りにくいは存在する
  •  1-3:会社は同時に申し込む
  •  

  • 何を審査基準にするのか?
  •  2-1:申込み者の属性について
  •  2-2:総量規約
  •  2-3:信用情報
  •  

  • 審査が甘いところは怖いところ
  •  3-1:審査が甘いところと厳しいところ
  •  3-2:甘すぎる審査は危険
  •  3-3:闇金と優良消費者金融の見分け方について
  •  

  • 審査が通らない人の特徴
  •  4-1:審査に通らない人の特徴は
  •  4-2:借金が初めての人が審査に通りやすいわけではない
  •  4-3:他社借入件数が多い人は審査に通らない
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    キャッシング審査のポイント


    キャッシング申し込みをする時の状況は、急にお金が必要な時です。審査に通らず借入が出来ないと非常に困るわけです。ではどんな人なら審査に通るのでしょうか?審査に通りやすくなるポイントを紹介したいと思います。

     

    キャッシング

     

     

    限度額を把握しておこう


    まず自分の借入限度額を把握しておきましょう。キャッシング会社の借入金額の上限は500万円と設定されているところが多いのですが、上限が500万円なら、自分が借入希望金額は100万円だから余裕で審査に通るだろう… そんなふうに考えるかもしれませんが、審査に通るかどうかはあなた自身の年収の金額によって上限は決められます。

     

    キャッシング

     

    これは総量規制という法律で、消費者金融のキャッシングは年収の3分の1までしか借入出来ないと決められているのです。そのためあなたの年収が300万円という場合で、新規で消費者金融のキャッシングを利用するのであれば、審査に通る可能性は高くなります。しかし年収が250万円の人が、100万円希望しても審査には通りません。そのためキャッシング申し込みをする際には、自分の借入限度額の上限を把握して、範囲内で申込みする事が重要なポイントです。

     

    また年収300万円だから上限の100万円ギリギリまで申し込みするよりも、希望借入金額は少額にした方が審査は通りやすくなります。返済の事も考慮し、最低限の金額だけ借入するようにしましょう。

     

     

    会社によって、審査の通りやすい通りにくいは存在する


    例えば同じ条件でもAというキャッシング会社では審査に通り、Bというキャッシング会社では審査に通らないという事はあります。これはなぜかというと、審査基準が会社によって異なるからです。

     

    消費者金融でお金を借入する事に不安があるので、TVCMで見かけるような大手の誰でも名前の知っている消費者金融の方が安心感があると思う人も多いでしょう。しかし実際に審査に通りやすいのは、大手キャッシング会社よりも中堅のキャッシング会社の方なのです。大手キャッシング会社は利用者が多いため、客を選ぶ事が出来ます。

     

    キャッシング

     

    そして選ぶ基準は返済能力の高い人順です。そして中堅のキャッシング会社は申し込み件数自体が少ないので審査基準が大手キャッシング会社よりも緩いと言えるでしょう。そのため大手キャッシング会社の審査に通らなかったから、他も全てダメだと思わずに、中堅のキャッシング会社でも申し込みしてみるといいでしょう。

     

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    キャッシング会社は同時に申し込む


    キャッシング申し込みの審査に通るかどうか不安だから、大手キャッシング会社の審査がダメだったら、中堅のキャッシング会社に申し込みしてみようと考えている人もいるかもしれません。 確かに中堅のキャッシング会社の方が審査基準が緩いので、大手キャッシング会社の審査でダメでも中堅キャッシング会社なら審査に通る可能性はあります。

     

    しかし審査では信用情報といい、過去のキャッシング申し込み情報や借入状況をチェックします。その信用情報には申し込みをして審査に通らなかったという情報も記載されています。つまり他で審査に通らないという情報は、審査の際にマイナスの要因となり、ますます通りにくくなってしまうのです。審査に通らないという事は、審査をして返済能力が危ういと判断されたという事ですから、他社でも審査に躊躇するのは当然です。

     

    キャッシング

     

    そのため、もし、審査に通るかどうか不安だという場合は、大手キャッシング会社と中堅キャッシング会社を同時に申込みするといいでしょう。なぜかというと、同時に申込みすると信用情報が更新される前に審査されるため、大手キャッシング会社の審査に通らなかった場合でもその情報を知らずに中堅のキャッシング会社の審査には通るかもしれないからです。

     

    また大手キャッシング会社の審査に通れば、大手キャッシング会社で借入した方が安心なので、大手キャッシング会社でそのまま借入する事が出来ますから、どちらに転んでも問題ありません。ただし、同じ日にキャッシング申し込みを2件もするのは大変だから、片方を翌日に申し込みしようと思うかもしれません。しかし同時に出来ないのであれば、これは逆効果になってしまいます。

     

    キャッシング

     

    というのも1~3日以内に複数のキャッシング申し込みをする行為は、それほどお金に余裕がないという印象を与えてしまうからです。翌日では信用情報は更新されてしまうので、キャッシング申し込みを他社で昨日し、審査に通らなかったと記録に残ってしまいます。複数キャッシング申し込みをする場合は必ず同時に行いましょう。

     

     

    キャッシング会社は何を審査基準にするのか?


    キャッシング申し込みをすると、すぐにお金を貸してくれるわけではありません。その人にどれぐらいの返済能力があるのか?を審査され、大丈夫だと判断されて初めて契約は成立するのです。しかしどのような審査基準があるのか、詳細が公表されているわけではないので、自分は審査に通るだろうか?そんなふうに不安を覚える人もいるでしょう。

     

    キャッシング

     

    そのためここでは、その審査基準について紹介していきたいと思います。

     

     

    審査基準、申込み者の属性について


    審査基準では申込み者の属性について確認を行います。属性=会社と思う人も多いでしょう。確かにどんな会社に勤務していて、どれぐらいの年収があるのかは審査基準に大きく影響します。また年収だけでなく、勤務先の規模や、あなた自身の勤続年数、そして健康保険の種類も審査されます。

     

    キャッシング

     

    しかし属性とはそれだけではありません。例えば住居は持ち家と賃貸アパートなら、持ち家の方が審査は通りやすくなります。ただし住宅ローンが多額に残っている場合は逆に通りにくくなるケースもあります。既婚者と独身の場合では、既婚者の方が審査は通りやすくなります。子供がいれば、子供が公立なのかそれとも私立なのかまで確認するケースもあるようです。

     

    そして今の時代、携帯電話があれば固定電話は必要ないという家庭も少なくないでしょう。しかしキャッシング申し込みの際には固定電話がある方が審査に通りやすくなります。それは転々と引っ越しして、急に連絡が取れなくなる、夜逃げされる心配が低いと判断されるからです。

     

    キャッシング

     

     

    審査基準、総量規約


    審査基準は総量規約によっても判断されます。総量基準とは借入の総額が年収の3分の1以下でなければいけないという法律です。年収が高い方が、借入限度額が高くなるという事です。つまり収入と借入金額の割合に無理がないかで判断されるというわけです。 そのため失業中、フリーター、専業主婦などは安定した収入がないためキャッシングの審査基準は厳しくなります。

     

    キャッシング

     

     

    審査基準、信用情報


    そして、審査基準は信用情報も大きく影響してきます。信用情報とは現在他社から借入しているかどうか、また過去に借入をして返済に問題がなかったかなどの記録です。これはキャッシング会社だけでなく、銀行やクレジットカード会社とも情報が一括で登録されているので、ローンやクレジットカードの利用履歴も、審査で確認出来ます。 つまり収入が多くても、信用情報が悪ければ審査に通らないというわけです。

     

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

     

    特に信用情報でマイナスの要因になるのは、

     

  • 他社で複数借入している
  • 過去に3ヶ月以上長期延滞がある場
  • そして自己破産や民事再生を行っている
  • 3ヶ月以上の長期延滞ではなくても申し込み時点で他社の返済が滞っている
  •  

    つまり他社の返済をするためにキャッシング申し込みをしていると判断されると審査は通りません。

     

    キャッシング

     

    それはそうですよね、借金の返済をするために新たに借金を重ねようとしているわけですから、どう考えても悪循環に陥り、そのまま自己破産する可能性が高くなります。自己破産をされてしまうと、お金は戻ってこない事は目に見えています。

     

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    自己破産

    自己破産

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    では信用情報に何も記録がない、今回が初めてのキャッシング申し込みという場合は審査が通りやすいのか?というと一概にそうとは言えません。

     

    なぜかというと、返済してくれるかどうか未知数だからです。

     

    キャッシング

     

    新規の人よりも、過去にキャッシングで借入し、延滞を1度もせずに、完済したという人の方が実は信用度が高かったりするのです。キャッシング申し込みの審査では、多方面からこの人は返済能力がある人かどうか審査され、返済能力がありそうと判断されて初めて審査に通るというわけです。

     

     

    キャッシングの審査が甘いところは怖いところ


    キャッシング申し込みに関しては、どこも審査基準は同じとは言えません。審査基準は会社によって異なるので、審査基準が甘いところもあれば厳しいところもあります。

     

     

    審査が甘いところと厳しいところ


    ではキャッシング申し込み審査の甘いところと厳しいところを紹介してみましょう。

     

    まず一般的に審査が厳しいと評判なのは、銀行カードローンです。銀行カードローンの場合は、銀行法という法律が基準になるため、そもそも法律の基準が厳しいのです。

     

    キャッシング

     

    対して消費者金融のキャッシングの場合は貸金業法という法律が基準となります。貸金業法の法律の方が甘いため、銀行カードローンの審査は厳しく、消費者金融の審査の方が甘くなります。

     

    キャッシング

     

    ただし消費者金融のキャッシングの中でも審査の甘い、厳しいは存在します。一般的に大手消費者金融の方が審査は厳しくなります。これは大手消費者金融でTVCMが流れている、知名度がある方が安心感があるから利用しようと思う人が多いのです。そのため申込み者が多く、確実に返済してくれる人を選んで借入しています。対して中小の消費者金融は利用者が少ないため、厳しくしてしまうとさらに利用者が激減する恐れがあるので審査が甘くなるのです。

     

     

    甘すぎる審査は危険


    審査が厳しすぎると審査に通らず借入する事が出来ません。そのため審査は甘い方がいいと思う人もいるかもしれません。しかし審査が甘くてラッキーと喜んでばかりもいられません。なぜ審査が甘いのか?もしかすると、キャッシング審査の甘い罠の可能性があります。

     

    キャッシング

     

    例えばブラックOK、審査なしで誰でもお金が借入出来るなどと謳っているキャッシング会社があるとしましょう。それらのキャッシング会社は悪徳業者、もしくは違法業者の可能性があります。つまり闇金融です。

     

    闇金融とは貸金業者登録をしていない貸金業者の事です。貸金業者ではどこからもお金を借入出来なかったのに、闇金融ならお金を借入してくれる。親切心で借入しているわけではないという事ぐらい分かりますよね。違法業者であるという事は、法律に従う意思がないという事です。法律で定められた上限金利に従わず、違法な取り立てを平気で行います。

     

    キャッシング

     

    お金を返済しても返済しても元金は全く減らずに借金額は膨れ上がり、返済が滞れば家族や会社、近所にも嫌がらせ行為をしてきます。そして最悪、事故死で保険金で借金を支払うなんてシナリオまで用意されているのです。まるでマンガの世界のようですが、現実世界でもそのような行為は平気で行われているのです。

     

  • 違法な取り立てをする闇金融の5つの種類と3つの特徴+対策法

     

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    闇金と優良消費者金融の見分け方について


    どれだけ審査が甘くても闇金を絶対に利用してはいけません。最近はソフト闇金といって、一見闇金に見えない闇金も存在していますが、それは手口がより悪質になっただけです。

     

    そのため闇金を避けるために、闇金と優良消費者金融の見分け方を紹介したいと思います。 まず審査基準が厳しくても、よく知らない消費者金融よりもTVCMでお馴染みの大手消費者金融の方が安全です。

     

    また連絡先が固定電話のところを選びましょう。固定電話の番号は不正入手が難しく、足がつきやすいという理由で闇金業者は使用しません。そして自分の直感を信じましょう。大丈夫かな、なんか怪しいと感じたら絶対に利用してはいけません。

     

    キャッシング

     

    そもそもキャッシング会社はボランティアでお金を貸しているわけではありません。貸したお金が返済されないというリスクを低くするために厳しい審査を行っているわけです。お金が返済されないと困るのはキャッシング会社自身です。なのになぜ甘い審査を行っているのか?その理由を考えると、甘い言葉にのせられた騙されやすい人からお金を搾り取るためだと言えるでしょう。甘いところは怖いところだとそう認識して近づかない事が賢明です。

     

     

    キャッシングの審査が通らない人の特徴


    例えば同じ年収があってもキャッシング審査に通る人と通らない人とがいます。なぜ審査結果に違いが出てしまうのでしょうか?審査に通らない人の特徴について紹介したいと思います。

     

     

    審査に通らない人の特徴は


    同じ年収なのに審査に通る人と通らない人に分かれるのは、審査基準が年収だけではないからです。その人の属性や、信用情報など多くの審査項目で審査されます。同じ収入でも公務員と大手企業、ベンチャー企業では扱いが異なります。

     

    公務員なら倒産する心配がなく、リストラもまずありませんから、定年まで安定した収入が得られると判断されます。また最近は大手でも倒産する時代と言われますが、それでも大手企業の方がベンチャー企業よりも倒産するリスクは低いと判断されます。

    キャッシング

     

    勤続年数も考慮されます。勤続年数は長ければ長いほど審査では有利に働きます。そして逆に半年未満だと、すぐに辞めてしまう可能性がゼロではないため審査に通るのはかなり厳しくなってしまいます。

     

    住居形態も審査基準に該当します。持ち家の方が経済状況がいいと判断されるだけでなく、持ち家だったら借金が返せなくなっても夜逃げの可能性は低いと判断されます。勤続年数と同様に、居住年数も長ければ長いほと審査では有利に働きます。つまり転職を繰り返していたり、安定した収入がない場合、そして賃貸アパートに住んでいる場合は審査に通りにくいと言えるでしょう。

     

    キャッシング

     

     

    借金が初めての人が審査に通りやすいわけではない


    私たち一般のイメージでは初めてキャッシング申し込みをする人の方が、過去に何度もキャッシングを利用している人よりも審査に通りやすいと思いますよね。なぜなら過去に借金をした事がない、クリーンな状態だからです。

     

    しかし審査では必ずしも新規申込み者が審査が通りやすくなるとは限りません。なぜなら、なぜ今まで借金をした事がなかったのに、いきなり借金をする事になったのか?その事情が深刻な可能性があります。それに本当に返済してくれるのか、返済の実績がない分、不安になるわけです。

     

    キャッシング

     

    対して過去に何度もキャッシングを利用して、その都度きちんと返済してきたという人であれば、今回もきちんと返済してくれるはずだと判断され審査は通りやすくなるのです。 借金を何度もしてきた人の方が信用されるというのもおかしな話ですが、キャッシング審査では有利に働くのです。もちろん過去に何度もキャッシングを利用し、何度も延滞を繰り返しブラックリストに入れられている人は、当然ながら審査に通る可能性は低くなります。

     

     

    他社借入件数が多い人は審査に通らない


    例えば借入金額が1社から300万円借りている人と、5社から100万円借りている人、どちらにお金を貸したいと思いますか?借金額が多いのに、さらに借金を重ねるのは返済出来るか不安と考えるかもしれません。しかし実際は1社から300万円借りている人の方が信用があります。

     

    キャッシング

     

    なぜかというと、まず借入金額の上限が高いという事はそれだけ収入があり、信用度も高いと判断されるからです。逆に5社から100万円借りている人は1社では20万円しか借りる事が出来ない、信用度が低いと判断されるのです。 そのため少額で他社借入件数が多い人は、新たにキャッシング申し込みをしても審査に通る可能性は低いと言えるでしょう。

     

    審査に通る人になろうと思っても属性を簡単に変える事は不可能です。そのため努力できる審査項目は信用情報の記録をキレイにする事です。返済は延滞せずに必ず期限を守る事、借入金額よりも借入件数を少なくする事。一度にたくさんキャッシング申し込みをしない事。とにかくこの人にお金を貸してもちゃんと返済してくれるだろと信用される人になる事が大切です。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    キャッシング会社徹底比較

    各社比較ページ

    キャッシン

    キャッシング各社の特徴やメリット、デメリット等について比較検証しています。>>詳細を見る

     

     

    関連記事

  • キャッシングの審査が完了したのに通らない理由は?申し込み方法と体験談から探る
  • キャッシングの申込みの流れを確認!審査に必要なものは?複数申し込みは?
  • もうキャッシングで失敗しない!口コミ等の6つの比較方法と人気ランキング
  • キャッシング審査に落ちた原因とは?審査なしや多重にも甘い会社の検証
  • ブラックでも借りられるキャッシングはある?審査はどうなってるの?
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    融資

    融資

    融資のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP