キャッシングのノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

複数のキャッシングを効率よく返済!おまとめローンのメリット!

 

目次

 

  • 複数のキャッシングで返済が困難になった場合
  •  1-1:返済が困難な理由
  •  1-2:返済に困っている人は
  •  

  • キャッシングのおまとめローンは低金利
  •  2-1:金利は
  •  2-2:おまとめローンにもデメリットがある
  •  

  • キャッシングのおまとめローンで月一返済
  •  3-1:複数のキャッシングは管理が大変
  •  3-2:おまとめローンで管理が楽に負担が減る
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    複数のキャッシングで返済が困難になった場合


    キャッシングを利用する人の中には、1つの消費者金融ではお金が足りずに複数の消費者金融のキャッシングを利用している人もいるでしょう。複数なんて消費者金融の審査に通るの?と思われる人もいるかもしれません。

     

    キャッシング

     

    しかし同一日に複数の消費者金融の審査に申込みをすれば、信用情報が更新されていないので、審査に通りやすいという裏ワザがあります。それに2~3社程度であれば、複数でも審査に通るケースも少なくないのです。ですが、借りる時は複数の消費者金融からキャッシング出来て助かったと思ったとしても、返済が大変です。

     

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    複数の消費者金融からキャッシングすると返済が困難な理由


    複数の消費者金融からキャッシングすると、返済が困難な理由は、まず把握するのが困難になります。総額でどれぐらい返済する必要があるのか?毎月返済している返済額のうち、どれぐらいの割合が利息なのか?利息の総額はいくらになるのか?ちゃんと把握しておく必要があります。そうしないと、元金が全く減らずに、利息分だけコツコツと返済していたなんて可能性もあるからです。それに返済日も利息も消費者金融によって様々です。

     

    キャッシング

     

    例えばA社では返済日は毎月月末だけど、B社は毎月25日、C社は毎月1日なんて状態では、うっかり返済日を過ぎてしまう。そんな可能性も高くなるでしょう。遅延すれば、信用情報に記載されてしまいますし、また利息+遅延の利息がかかってしまい、さらに負担が増してしまいます。それに複数の消費者金融からキャッシングする、1番のデメリットはなんと言っても毎月の返済額が高いという事です。

     

    1社1社は収入を見て返済可能なプランを立てたつもりであっても、複数になれば当然複数倍となるわけですから、利息は高い、返済額は高い、そしてお金がなくてもこれ以上キャッシングを利用する事が出来ないという追いつめられた状況です。キャッシングによる自己破産で、多い例が複数の消費者金融からキャッシングをしてしまったために返済が困難になるというケースです。

     

    自己破産

    自己破産

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    複数キャッシングし、返済に困っている人は


    では、複数の消費者金融からキャッシングし、返済に困っている人に残された道はもう自己破産しかないのでしょうか?自己破産とは、本当に最終手段の方法であり、出来るだけ避けなければいけない方法でもあります。

     

    自己破産をする前に、おまとめローンを検討する事をお勧めしたいと思います。おまとめローンとは言葉通り複数の消費者金融からキャッシングしたものを、1つの消費者金融にまとめるというものです。ローンを1本化出来るため、メリットも多く返済日も1つにまとまるため分かりやすいと言えるでしょう。それにおまとめローンの方が毎月の返済額が減りますし、利息も低くなります。

     

    キャッシング

     

    しかし利用者にとってメリットの多いおまとめローンですが、金融機関にとってのメリットはあるの?と不思議に思いますよね。ある意味救済措置と考えるといいかもしれません。実は経済的な問題を抱えて自殺する人は1万人以上存在すると言われています。また先ほども少し言いましたが、多重責務者は自己破産をする可能性が高いのです。金融機関によって、もっとも避けたい事は貸したお金を回収出来なくなる事です。

     

    つまり自殺や自己破産は最もされたくない事なのです。それよりはおまとめローンを利用して、コツコツとで構わないので返済をキチンとして欲しいと思っているわけです。

     

    それにおまとめローンは低金利ですが、低金利でもキチンと金融機関は利益を出せる仕組みがあります。おまとめローンは基本的に金融機関が消費者金融ではなく、銀行が行っている商品です。消費者金融は利用者に貸すお金を銀行から借りていて、利息をつけて返済をしなければいけませんが、銀行の場合は貸付金を他から借りるわけではなく、自分のところにあるお金を使います。そのため余分なコストや手間がかからないため、低金利でも利益が出るというわけです。

     

     

    キャッシングのおまとめローンは低金利


    消費者金融からキャッシングでお金を借入した場合、金利は上限の18%と設定しているところが多いでしょう。当然お金を借りている人にとって、高い金利は返済時の大きな負担となります。返済しても返済しても、利息分ばかりで、元金が全然減らないという借金地獄に陥ってしまいます。

     

    キャッシング

     

    さらにそれが複数の消費者金融でキャッシングしたともなると、高い金利で複数の消費者金融に返済していくわけですから、もう家計は火の車で、多重責務や自己破産の直前なんて状況かもしれません。そんな人にとって、救世主となってくれるのがおまとめローンです。

     

     

    おまとめローンの金利は


    おまとめローンとは、複数のキャッシングを1本か出来、借金が把握しやすくなるだけではありません。月々の返済額が低くなりますし、何よりもおまとめローンの金利の方が低金利なので負担がグッと減ります。

     

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    では低金利とは、どれぐらいなのかというと、100万円の場合で9~15%程度となっています。しかしおまとめローンの審査に通るの?と不安に思う人もいるでしょう。ですが、おまとめローンの審査はそれほど厳しい審査ではありません。なぜなら複数の消費者金融でキャッシングをして、返済に困っている状況で、それを救済するための措置ですから、救済措置で厳しくする意味がないからです。

     

    ですが、月々の返済額と利息が減り、ちょっと楽になったから、また別のところでキャッシングを利用しようという事は出来ません。なぜならおまとめローンで1社からしか借入していないといっても、複数を1社にまとめた状況なので、新たに借金を増やす事は出来ないという事は肝に銘じておきましょう。

     

    キャッシング

     

     

    おまとめローンにもデメリットがある


    おまとめローンはメリットが多い事は事実です、現在複数のキャッシングをして、返済に困っている人は、おまとめローンをする事で負担を小さくする事が出来るでしょう。しかしメリットばかりではなく、デメリットもあるという事はちゃんと理解しておきましょう。

     

    キャッシング

     

    まずおまとめローンにする事で低金利になり、月々の返済額も減らす事は可能です。しかし借金の総額が減ったわけではありませんから、月々の返済額を減らせば当然返済期間が長くなります。いくら低金利になっているとはいえ、借りている金額や返済期間が伸びた事で、複数借入していた時よりも、支払い総額が増えるケースがあります。

     

    もっとも、複数借入し、月々の返済が苦しくなり、自己破産や多重責務直前まで追い込まれていたわけですから、背に腹は代えられない状況です。支払い総額が増えたとしてもコツコツと返済していくしか他に方法がないと言えるでしょう。

     

    ただし、安易に複数のキャッシングを利用し、複数は返済がしんどいから1つにまとめてしまえばいいと考えてはいけません。あくまでもキャッシングを利用する際には、本当にお金がどうしても必要な時に最適限度のお金だけを借入するようにして下さい。そして返済も無理のない返済プランを立てて返済する事が理想です。また苦労して完済をした場合、完済をした履歴が信用情報に残り、消費者金融からは優良顧客として見られます。

     

    キャッシング

     

    そのため、こんなキャンペーン実施中でお得ですという具合に、新たな融資や増額の誘いがあるかもしれません。しかし、ここでまた借入してしまうと、再び高い利息を支払う生活に逆戻りです。せっかく完済したのですから、甘い誘惑に騙されずに、もうキャッシングは利用しないぐらいの強い意志を持つようにして下さい。

     

    高い利息を払って借金をして欲しいものを購入するよりも、お金をためて現金で欲しいものを購入する方がずっとお得だという事をしっかり念頭に置き、買い物をするようにしましょう。

     

     

    キャッシングのおまとめローンで月一返済


    複数の消費者金融からキャッシングでお金を借りていると、毎月の返済日は消費者金融によって異なります。

     

    A社では毎月25日、

    B社では月末、

    C社は月初めの1日、

     

    という具合に、それぞれ違っているので面倒ですよね。おまとめローンなら1つにまとめる事が出来るので、返済日も月一返済で分かりやすいと言えるでしょう。

     

     

    複数のキャッシングは管理が大変


    複数の消費者金融からキャッシングを利用している場合、とにかく管理が大変です。
    返済日がそれぞれ違っているだけでなく、借りている借入金額やかかる利息も違ってきます。そのため、どこでどれだけの金額を借りていて、完済するまでにはどれぐらいの期間がかかるのか?全てキチンと把握出来ている人がどれぐらいいるのでしょうか?そして把握が出来ずに、ついうっかりと返済日を忘れてしまったという事態も起きやすいでしょう。

     

    キャッシング

     

    また返済日は覚えていても、複数の消費者金融から高い金利で借入し、1社1社の返済額はそれほど高額ではなくても、合計すると大きな負担となってしまいます。毎月月末には、もうお金がなくなってしまい、月末に返済しなければいけないB社は返済が滞っている。そんな状態に陥ってしまうかもしれません。1社は返済が滞っていても、残りの2社の返済はちゃんとしているなんて事は言い訳にもなりません。

     

    信用情報には遅延や返済の滞り有りというデータが残ってしまい、ブラックリストに加わってしまう事になるかもしれません。どう考えても複数の消費者金融でキャッシングを利用している事は、デメリットが多いので、一刻も早くおまとめローンを利用する事をお勧めしたいと思います。

     

     

    おまとめローンで管理が楽に負担が減る


    おまとめローンを利用しても、借金の総額に変化はありません。しかしながら、月々の返済額が減り、月一返済になり、また金利も低金利となります。それに1社にまとめる事で、自分がいまどれだけの借金をしていて、あとどれぐらい返済期間が続くのか?利息はどれだけかかるのか?

     

    シンプルになる分、把握がしやすくなると言えるでしょう。やはりよく自分でも把握していない状態で、借金に追われて言われるがままの返済額を返しているだけでは状況は改善しません。

     

    キャッシング

     

    そもそも消費者金融とは、困ってるあなたに手を差し伸べてくれる優しい存在では決してないのです。それこそ生かさず殺さずをモットーに、骨の髄まで利益を引き出そうとしてくるはずです。その証拠にある消費者金融では、月額の返済は月2000~3000円でいいという訳です。月2000~3000円の返済でよければ、生活の負担にはなりませんよね。しかし、毎月2000~3000円返済していても、借金は一向に減っていないのです。

     

    キャッシング

     

    金額は少なくても滞りなく返済をしているのだから借金は減っていると普通は思いますよね。ですが、支払っている金額は利息分にしか該当しないのです。そのため元金が減らないため、例え1年返済を続けても、5年返済を続けても借金はなくならない。

     

    極端な話をすれば、そういうお金儲けをしたいと消費者金融は考えているわけです。ですから、そんな消費者金融のカモにならないように、都合のいい話には耳を傾けずに、元金を減らして借金は確実に減らし、完済をする返済プランを立てなければいけないという事です。

     

    キャッシング

     

    おまとめローンの場合が低金利なのは、救済措置であり、自己破産や借金を苦にした自殺者を出さずに、諦めずに借金を返済してもらうための手段なのです。もし軽い気持ちでキャッシングをし、いつのまにか複数からのキャッシングで首が回らない状態になってしまったという人は、借金を断ち切るための手段として、おまとめローンをして再生し、今後はもう借金に振り回されない生活を送るようにしましょう。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    キャッシング会社徹底比較

    各社比較ページ

    キャッシン

    キャッシング各社の特徴やメリット、デメリット等について比較検証しています。>>詳細を見る

     

     

    関連記事

  • キャッシングの過払い金とは?請求・計算方法、時効の期間を確認
  • 利息を計算して効率よく返済!キャッシングには計算も必要
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    融資

    融資

    融資のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP